Recent Trackbacks

Categories

  • アニメ・コミック
  • ギャンブル
  • ゲーム
  • コラム
  • ニュース
  • ボードゲーム
  • 心と体
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 趣味
  • TRPG

« World Boardgaming Championship参戦しました | Main | 最近、IR研究会に参加しました »

歴史にIfはあるか?

Do you want "Total War?"という本を買った。
 日本のamazon.co.jpでは、Kindle版での発売となっている本である。アメリカのWBCに行った時に、Total War?という表題の本が置いてあったので、少し読んでみようとペラペラめくっていると、後ろに立っていたのが本の著者だった。そのまま本を買って、サインしてもらった。(^^)V
 Total Warは総力戦という意味だと思う。本書内には、Joseph Gebbersのスピーチ"Totaler Krieg"が引用されていた。War in Europeをプロローグとしているので、War-gameを起点とした構成になっている。一般書籍で売られている本のようだが、普通の人には、かなりとっつきにくい本ではないかと思う。

 日本での総力戦に関する演説は、"玉音放送"くらいであろうか。敗戦を規定し、焼け野原になってしまった日本の復活へ向けて、「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」と語りかけたのが"玉音放送"である。歴史にIf(Rewrite)が入るとすると、日本は"玉音放送"が8月15日に流れるかどうかで、大きく変わったように思われる。実権が無いにも関わらず、"歴史が動いた"演説である。
 日本の敗戦そのものは、昭和16年夏の敗戦に象徴されるように、昭和16年に実施された、シミュレーション結果の推定通りであった。
 Total War?は読書中であるが、個人的に感じた内容からの感想である。日本語でタイトルを描くとすると、「歴史にIfはあるか?」ということになるのではないかと思う。

« World Boardgaming Championship参戦しました | Main | 最近、IR研究会に参加しました »

コラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 歴史にIfはあるか?:

« World Boardgaming Championship参戦しました | Main | 最近、IR研究会に参加しました »

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ