トップページ | 2007年5月 »

2007年3月26日 (月)

物理的時間と歴史のifについて

SF的歴史考察
 ”シュレディンガーの猫”物理学上で、現在は非決定論の考慮すべき課題となって久しいタイムパラドックスの実験である。
 まぁ、実験といっても、実際に猫を使って実験をするわけではなく、思考実験としての実験なので、動物虐待とかするわけではない。便宜上の定義である。
 この思考実験で確認されることは、任意の時間で発生する事象が確率的に存在した場合は、物理的に事象が存在する可能性がある。このことから、現時点で存在する事実に基づいた歴史ではなく、ある時点で発生しうる事象について考察する歴史モデルの構築が流行するという状況が生じている。
 有名なところでは、織田信長が本能寺で死ななかったらとか、武田信玄が後5年生きていたらとか、徳川家康が関が原で死んでたらとか、まぁ色々と確率的に起こり得る事象は多く、if歴史の小説が仮想歴史物語として多く発売されていることもある。物理的に並行世界上では発生しうる現象であり、時空間航行が技術的に可能になれば、そういった世界との交流もありえることとなる。
 今の物理学上から発生する問題として、空想科学小説という分野が非常に困難になり、SF小説などと称する方も少なくなり、現実としては古き良き時代の古典小説の分野となりつつあると考えた方が良い。古典小説を今書いていけないわけではないが、書いた結果による反発に対して、正面きって闘うことができる小説家はほとんどいないのではないかな?
 歴史のifについても同様である。どんなifであろうが、確率上存在可能な歴史のifは存在しうることとなる。しかしながら、存在可能だからといって納得できるかどうかには極めて問題があり、仮想小説の大半は”あまりにも無理っぽくねぇ?”という状況がある。ここらへんは、歴史考証における課題であり、武将の評価基準が過大だったり、過小だったりすることを含め、評価指標の難しさが、そのまま小説の評価になりやすい。
 歴史上の事象が厄介なことは、科学的に追試が可能ではないので、推測や主観が要素として大きく取り込まれてしまい、批判する意味もなくなってしまうことにある。結果として、条件的には何を書いても許されるという状況が発生する。
 私的には、どんなに確率的に低い事象を扱ったとしても、いいんじゃねぇという感じはしている。(なんだかんだいっても、小説である以上は小説の出来が一番の問題だろう)

2007年3月14日 (水)

あるとき、ある世界での出来事

~プロローグ~

 講談師、観て来た様に嘘を言い。あたりまえのようであるが、講談師が語る世界は、人が人にあらざる力を持ったり、あらあらなんでと疑問符たなびく活躍したりと、話を盛り上げる方が先となります。語り部を務めまするは、Ittohにございます。
 凄絶悲惨なかつての戦国乱世、天を抱き、天下布武の旗をなびかせ征したのは、華の開祖劉華伯。
 天に昇って歴代連なる様子を、語り部はかく詠う。

 天は華なり、国は華なり
 7つの丘に道を拓き、桜華楼の門を入口とし、南北に伸びる大路は、京城の南大門へと繋がる。
 東西に通りがはしり、縦横に大路を巡らせた帝都は、荘厳なるかな、勇壮なるかな。
 帝都”華京”は、桜花舞い散る春を迎えていた。
 九代二百年の歳月を刻んだ都は、百花繚乱の息吹を放つ。

 平々凡々の世界では、われら講談師は、”かつて凄絶悲惨な戦国乱世に一条の光をもたらしたるは・・・”と続く、昔語りを綴るのみと思いきや、あれあれ、華の天下も二百年が過ぎて、徐々に暗雲が立ち込めます。この時代にIttohが綴り詠う、豪傑が物語の始まりにございます。

 されど、都を離れて道を往けば、徐々に荒廃の兆しを描く。
 東夷、南蛮、西戎、北狄と、千里の先に跋扈し、闇が徐々に侵食す。
 旱魃・洪水が飢饉を呼び、死人を食う村すら現れる。
 雑穀も育たぬ畑を捨てて、人々は兆散し、野盗となる。
 征伐すべき官吏は、汚濁にまみれ、国軍は兵役を役得とし、私腹を肥やす。

 つまり、帝都は平穏なれど、辺境地域は徐々に乱れ、あっちでは旱魃、こっちでは洪水と天災が降りかっても対応しきれず、民草の心が離れていってしまいました。
 こんな時代は、盗賊やら匪賊が興っては滅び、辺境の蛮夷戎狄が国境を越えて暴れ出す。国軍は、対応に追われて、今日は東に明日は西と徐々に国力を削がれていくのでした。
 中央政権の力が弱れば、地方に強大な力が生まれるのも当たり前、己の守るべきものを守るため、自衛の軍閥が生まれたのもこの頃であります。こういった時代を背景に、様々な
英雄豪傑が生まれ、新たな時代を築くのが世の常というものなのでしょう。ここからは、そんな時代を駆け抜けていった英雄、民衆に愛されし者達の物語で綴っていきましょう。

トップページ | 2007年5月 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ