« 小説を忘れた小説家? | トップページ | 悠久の時を越えてマンカラ »

2007年5月19日 (土)

悠久の時が流れてRoyal Game of Ur

 数千年の時を越えて、発見されるゲームがある。
 悠久の時が流れを遥か太古に遡ること数千年。チグリス川の傍に住み着いた人々が築き上げた都市、ウルの王墓を発掘したときのこと、ひとつのゲーム盤が発見されました。遊戯盤は、イラク博物館と大英帝国博物館に所蔵されています。遊び方が粘土版に楔形文字で記載されていたこともあって、遊戯史的にも重要な文化遺産となっています。このゲームは、大英帝国博物館でレプリカが造られていて、インターネット上で販売されています。大英帝国博物館

20_01   ゲームは、7個の駒と、サイコロを4個振って進む双六です。サイコロは、四角錐でサイコロの目は1と0です。サイコロを振って、出た白の目の数だけ進みます。全部黒だと進めなくて一回休みとなります。駒はどれを進めてもいいですが、ひとつのマスには一個しか駒が入れません。駒がいるマスに別の駒を進めると、その場所の駒をスタートに戻すことになります。7個の駒を進めていって、一番早くすべての駒をゴールさせた方の勝ちとなります。現在のバックギャモンの先祖と言われているゲームです。

« 小説を忘れた小説家? | トップページ | 悠久の時を越えてマンカラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/15127810

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久の時が流れてRoyal Game of Ur:

» 無双の世界 [レッドムーン ウォレット]
無双 orochiでは、三国無双と戦国無双の異世界が、融合され、また違った感じの [続きを読む]

« 小説を忘れた小説家? | トップページ | 悠久の時を越えてマンカラ »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ