« 三代目”紫苑” 01 | トップページ | 極厳なる道 »

2007年6月18日 (月)

三代目”紫苑” 02

 老いと病を抱える前を、娘は知らない。初代”紫苑”が極めた、剣を継いだことで、母の人生はただ人とは異なるものとなった。人の口に上る、剣聖と呼ばれる者ですら、”紫苑”には勝てなかったという。そのために”紫苑”の里は襲われた、勝てない恨みは、闇を放ち、里を焼き娘であった母は奪われた。その場におらず、生き残った紫苑が、凄絶な死闘の末、母を取り返した。されど、死闘の中で負った傷が、祖母の命を奪い去っていた。
 ようようにして囚われの身から、平穏な時を迎えたものの、紫苑の極めた技のただ独りの継承者であった。都会にいて剣に追われた母は、結局は逃げるように人のいなくなった里に還った。その時に、身ごもっていたのが娘である。母と同じ”紫苑”の名を抱いた。

« 三代目”紫苑” 01 | トップページ | 極厳なる道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/15474744

この記事へのトラックバック一覧です: 三代目”紫苑” 02:

« 三代目”紫苑” 01 | トップページ | 極厳なる道 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ