« 剣客のお話 拝一刀 | トップページ | パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” »

2007年8月27日 (月)

日本語検定の意味すること

 ま、グローバル時代とやらで、英語ができないとねぇ・・・と言っていた口が、日本語に変わっている。正確には、論理的な語学力の低下が問題になっていると考えてよい。つまり、言葉が通じない時代なのである。もちろん英語で通じるというわけではない。会話が可能であっても、相手に意思を伝達することが、困難な時代になりつつあるということである。会話にせよ、メールの文章にせよ単なる記号である。記号をいくら並べても相手が理解できなければ、相手に意思を伝達することはできない。
 つまりは、日本語による会話能力はあるが、語彙力が低下し、論理的思考能力が低下しているということである。日本語検定は、いくつかの問題をみた限りでは語彙力を増やすことを目的としているようである。これは漢字検定なんかと同じ傾向である。
 もう少し、論理的な思考力を向上させるための手法を考える必要があるかとは思うが、現状では仕方ないのかもしれない。
 工学分野では、人間の認知力については考慮してこなかった。つまりメールで伝達する場合に文字化けが起きることを防ぐための対応を考えるが、相手が伝達した文字をどのように判断するかについては考慮することは無い。通信信号が相手に伝達できれば、相手に意思が伝達可能であるというひとつの前提にたっている。最近、これが崩れてきていることを示している。だからこその日本語検定なのである。
 かつて、敗戦時に、ローマ字を浸透させ英語を必須とし、最終的に英語を国語化しようとした流れもあり、日本の識字率がそれを凌駕したことがあった。そういう意味では、日本語検定は非常に重要な意味を持つ。ひとつの思考論理回路を、特定の言語で確立することは非常に重要である。ただし、確立する言語が、日本語である必要は無い。ただ、ブレがあってはならない。中学から英語を学習するのは、脳内の言語中枢が確立される場合に、二種類の言語を学ぶと脳内の発達に障害になるからであったと思う。思考の発達過程で、母国語としてどの言語を選択するかについては自由であって良いが、子供の発達に障害になってはならないと思う。
 実験したわけでもないので、確認してはいないが、脳内の言語中枢における発達状況と、脳の認知状況を確認すると、今の日本人の状況は10年前や20年前の状態と比較すると、かなり変わってきているのではないかと思われる。鈴虫の鳴く音色などは、今の日本人はどのように聞いているのだろうか?

« 剣客のお話 拝一刀 | トップページ | パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/16254306

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語検定の意味すること:

« 剣客のお話 拝一刀 | トップページ | パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ