« さおだけ屋さんの次は、バイトはいらない? | トップページ | 日本語検定の意味すること »

2007年8月13日 (月)

剣客のお話 拝一刀

 ま、Ittohという描き方だと、伊藤一刀斎かな、拝一刀かなという感じがすると思いますが、基本としては、萬屋さんが演じられた、拝一刀が剣客の中では一番気に入っています。拝一刀というキャラクターそのものは、小池一夫さんと小島剛夕さんの漫画「子連れ狼」という作品が好きだということもあります。
 配役としては、
 拝一刀:萬屋錦之介
 大吾郎:西川和孝
柳生烈堂:若山富三郎
 が個人的には気にいっています。殺陣の良さから言うと、萬屋(拝)VS若山(烈堂)は見たかったなぁ・・・個人的には、この二人だと逆でも可だったりします。どっちも似合う!!

 基本的にこういった剣客話の場合は、敵役が上手くないとイマイチの結果になります。あとシナリオ的には、一刀と大吾朗のシーンが、拝が生き残っているとイマイチになるので、高橋英樹さんの子連れ狼は悪くないんだけど(若山富三郎さんの演技も良かったのに、ちょー残念!)最期が嫌という結果になってしまいます。
 作品評価的には、北大路欣也さんの狼は、高橋さんもそうであったのだけれど、決闘シーンに関わるクライマックスに向かう流れがちょっと哀しい。苛烈な幕藩体制の維持から発せられる、全国の外様大名の意地や、旗本八万騎の気概みたいな思いが、一刀と烈堂の決闘にはあったと思います。また、時代の流れの中で失われ往く武士道そのものの悲しみも、決闘の象徴にあり、時代が速すぎた武士ではない阿部頼母が滅ぶところもまた哀しさだったのだと思います。
 時代背景がどうこうではなく、「子連れ狼」という作品は、幕藩体制確立期に生じる歪そのものが、描ききられた作品だったのだと思います。ドラマとして、この部分を素直に描いた作品が萬屋さんの「子連れ狼」しかないのが、非常に残念です。拝一刀を演じられる役者さんも柳生烈堂を演じられる役者さんも、非常に上手いにもかかわらず、「子連れ狼」という作品そのものが持つ性質が理解されていない気がします。
 時代の流れとかの描き方では、「天下騒乱~徳川三代の陰謀」がかなり綺麗に描けているので、できないことは無い作品なのになぁ・・・非常に残念ですねぇ。土井利勝の西田敏行さんが気にいっています。

« さおだけ屋さんの次は、バイトはいらない? | トップページ | 日本語検定の意味すること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/16097230

この記事へのトラックバック一覧です: 剣客のお話 拝一刀:

« さおだけ屋さんの次は、バイトはいらない? | トップページ | 日本語検定の意味すること »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ