« パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” | トップページ | 有名だけど無銘の詩 »

2007年9月17日 (月)

物語が好き その1 by 風来坊

Monogatari01
子供頃は、語りが好きだった。イマイチ覚えてないのだが、文字が読めるより前から物語を聞いていた。
 家には、レコードが聴けたこともあって、宇野重吉さんや小池朝雄さんの朗読がソノシートやらレコードやらでいっぱいであり、気に入った話は何度でも聞いていた。ソノシートはそろそろなんとかしないと不味いだろうなぁ・・・
 物心つく前後くらいになんどとなく聞いていたのが、風濤社のかにむかし(作:木下順二、朗読:宇野重吉、画:滝平二郎)である。かにが、柿の種から柿を育てて、実がなった頃に、サルが横取りしてしまう。熟してない柿の実を投げつけられ死んだ親ガニの仇討ちに子ガニたちがキビを育てて団子を作り、それを持ってサルの住処に向かう。向かう途中で、パンパンぐりや蜂、牛のふん、はぜ棒、石臼を仲間にする。
 物語が好きの元になっているのは、この時にみんなで仇討ちに向かう途中の擬音表現だったのだと思う。ガッシャガッシャ、ガッシャガッシャ、コロコロ、ブンブン、ペタリペタリ、トントン、ゴロリゴロリ。それぞれ、子ガニ、パンパンぐり、蜂、牛のふん、はぜ棒、石臼の動きを表現している。この語りを、宇野重吉さんがやっているのだが、この語りに熱中した。
 今は、講義をすることも仕事としているが、私的には、受講生とロールしながらマスターとして講義を物語にすることが、目標であるがこれが中々に難しい。講義中に寝てしまう学生がいるのは、所詮、マスターの能力不足なのである。

« パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” | トップページ | 有名だけど無銘の詩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/16479176

この記事へのトラックバック一覧です: 物語が好き その1 by 風来坊:

» 黒柿 名人の黒柿 [黒柿 名人の黒柿]
黒柿の果肉に見られる「黒のつぶつぶ」。 これはポリフェノールという渋み成分が固まったものです。これが黒い柿の美味しさの秘密。 [続きを読む]

« パズルコレクション No.54 ”トー・ゲーム” | トップページ | 有名だけど無銘の詩 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ