« からくり綺談 | トップページ | 新しいコンテンツ »

2007年9月25日 (火)

カオティックケイオス?

 私的に日本人が描いたファンタジーで好きなのは、酒見賢一さんの「後宮小説」である。
 第一回日本ファンタジー大賞の受賞作である。逆に言うと、彼の作品があって、日本ファンタジー大賞ができたんじゃないかと思うくらい、題材を変わってはいるものの、ファンタジーらしいファンタジー作品だと私は思う。
 後宮小説のキャラクターで気に入っているのは、混沌である。
 その時点、その状況における判断のみを行動基盤とする混沌は、表題にあるカオティック計オスそのものの行動である。本当の意味で、混沌という名を象徴するようなキャラである。

« からくり綺談 | トップページ | 新しいコンテンツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/16567411

この記事へのトラックバック一覧です: カオティックケイオス?:

« からくり綺談 | トップページ | 新しいコンテンツ »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ