« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

神様?

 クリスマスが終わり、年の瀬は、日ノ本にちょこっと静寂な時を迎える。騒ぎとイベントは、それぞれの一瞬に、静寂を迎えるために、いつもにました騒ぎで静寂を飾る。日本では、神様ってお祭りが好きなものとなっている。疫病神も死神も福の神だって、お祭りは好きとなっている。一神教で、一人しかいない神様だって、お祭りが嫌いということではないとなっている。
 すべての神へ祈りを捧げ、自分自身と自分に関るものすべての安寧を希う。祈り忘れた神様に嫌われないように、すべての神様へ祈りを捧ぐ。光にも闇にも祈りをささげ、明日の夢に夢を見る。

大掃除 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 大掃除
「今年の大掃除はもう終わりましたか?念入りに掃除したところがあれば教えてください。」
 今年も、生きるのが面倒な一年だったなぁ。
 大掃除をしながら、年の瀬を迎えております。今年も、あんまし良いことの無い一年だったなぁ・・・

2007年12月28日 (金)

年賀状素材

 去年、一昨年と不幸が重なって、年賀状を出してない。
 今年も不幸があって、年賀状を出しにくい状況となっている。さてさて、今年はどうするかなぁ・・・私の場合、年賀状のネタは、旭日である。できれば、1月1日に撮影した初日の出が、年賀状の素材データとして使用することが多い。
 年賀状素材だけでなく、ウェブページの素材も自分で自分で撮影した写真を基に作成することが多い。最近は、ブログばっかりになってしまったので、ページの素材も既製品が増えてしまった。来年からは、自分で素材造りから始めるかな。

2007年12月25日 (火)

ガラスの艦隊

 第一話が無料視聴だったので、ネット上で視聴したのが、”ガラスの艦隊”というアニメである。アニメーションの中で艦隊戦を表現することが非常に厄介で、そこらへんをきちんとに描くことが難しかった”銀河英雄伝説”とか、設定を変更することで単艦戦闘に特化することで描ききった”スペースシップ・オペレーターズ”がある。
 雰囲気的には”ベルサイユのばら”的な世界で、革命騒ぎを宇宙に展開して、時代に翻弄される男装の麗人というお話はなかなかお約束事っぽくて好きだったりする。当初、後からふとつけたテレビでやっていたアニメだったので、そういう意味では最初の方は見てなかったので、いまさらのように視聴を始めたという感じである。
 シナリオが、物足りないかなという面があるものの出来が良くて、非常にスタンダードに仕上げられているように感じた。”銀河英雄伝説”の頃は、ほとんど動画がおこせなくて動かなかった艦隊がCG化されて綺麗に動いているのは、きっとできなくて悔しい思いをしたスタッフがいたのではないかと思う。全部を見ているわけでもないので、お話的にも絵的にも、全体的な確認は最期になるかなと思うものの、この年末年始に金を払って見る価値はあるかなぁと思ってたりします。他にすることないからねぇ・・・sigh

2007年12月24日 (月)

クリスマスイヴ! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ クリスマスイヴ!
「あなたが欲しいモノはなんですか?サンタさんに願いをこめて書いてみてください。」
今日はクリスマスイブらしいい・・・
 家からほとんど出なかったねぇ。ま、こんなもんだねぇ。願い事は、いつも同じかな
”十万一回目になるといいなぁ・・・・”

12月24日のココロ日記(BlogPet)

今日も作品が買えませんでした……残念。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

日本語力低下というよりも

 最近は、日本語検定とかも流行っているらしい・・・ようやく、同じ言葉を喋るから、同じ言葉で綴るから相手に言葉が伝わるという誤解を認識できるようになったみたいです。
 言葉はコミュニケーションの手段でしかありません。言葉にせよ文字にせよ、相手に伝達されるまでと、相手が伝達された言葉をどのように認知するかは、まったく別に扱う必要があります。このことは、きちんと別に考える必要があります。こういったブログ等で記事を書いていても、自分の書いている内容を相手が理解しているかどうかはわかりません。誤解等が無い文章を目指してはいますが、力不足は否めません。(素直に書けないので、婉曲的表現を用いざるを得ないところは、特に誤解しやすいこととなります)
 言語力とは、相手にきちんと理解してもらえるように話したり書いたりする能力のことで、一般にコミュニケーション能力とか、プレゼンテーション能力とかいわれている部分です。
 コミュニケーションの基本は、”自分の常識は相手の非常識、相手の常識は自分の非常識”と私は認識しています。相手の常識を把握すること、自分の常識と相手の常識の違いを認識し、すりあわせをしながら、相手とのコミュニケーションの確立をはかることが理想となりますが、なかなかに難しいものです。<sigh>

2007年12月14日 (金)

アラン・チューリングを知っていますか?

 「栄光無き天才たち」という漫画に掲載されていた天才のひとりが、アラン・チューリングです。
 私的に最初に知ったのは、チューリングテストという人工知能テストの創始者としてですね。チューリングマシンや、第二次世界大戦のエニグマ暗号解読といった内容は、漫画の「栄光無き天才たち」で初めて知ったことだったりします。
 amazonさんで、おすすめ商品に「甦るチューリング」が出てきてたので、思わず買っちゃいました。
(ここらへんの対応は、amazonさんに一日の長ありって感じがしますねぇ)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ