« アラン・チューリングを知っていますか? | トップページ | 12月24日のココロ日記(BlogPet) »

2007年12月24日 (月)

日本語力低下というよりも

 最近は、日本語検定とかも流行っているらしい・・・ようやく、同じ言葉を喋るから、同じ言葉で綴るから相手に言葉が伝わるという誤解を認識できるようになったみたいです。
 言葉はコミュニケーションの手段でしかありません。言葉にせよ文字にせよ、相手に伝達されるまでと、相手が伝達された言葉をどのように認知するかは、まったく別に扱う必要があります。このことは、きちんと別に考える必要があります。こういったブログ等で記事を書いていても、自分の書いている内容を相手が理解しているかどうかはわかりません。誤解等が無い文章を目指してはいますが、力不足は否めません。(素直に書けないので、婉曲的表現を用いざるを得ないところは、特に誤解しやすいこととなります)
 言語力とは、相手にきちんと理解してもらえるように話したり書いたりする能力のことで、一般にコミュニケーション能力とか、プレゼンテーション能力とかいわれている部分です。
 コミュニケーションの基本は、”自分の常識は相手の非常識、相手の常識は自分の非常識”と私は認識しています。相手の常識を把握すること、自分の常識と相手の常識の違いを認識し、すりあわせをしながら、相手とのコミュニケーションの確立をはかることが理想となりますが、なかなかに難しいものです。<sigh>

« アラン・チューリングを知っていますか? | トップページ | 12月24日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/17460659

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語力低下というよりも:

« アラン・チューリングを知っていますか? | トップページ | 12月24日のココロ日記(BlogPet) »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ