« そういえば株券電子化なのだそうな | トップページ | 01月11日のココロ日記(BlogPet) »

2009年1月 7日 (水)

デス・コミュニケーションと最後の授業

 前に描いておりますが、生あるものには死が訪れる。祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・ホスピスと言われる、延命措置をせずに、死を迎えるまでの間を生きる病院があるそうです。日本では、病院内にホスピス対応の病棟が設置されているようです。延命措置には、色々と議論もありますし、目の前で起きるとやっぱり判断は難しいというのもあります。死というものは、必ずつきまとうものではありますが、生きるということも、必ずつきまとうものなのです。
 正月、時間があったので、ランディ・パウシュ教授の”Last Lecture”と”Time Management”を見直して、久しぶりに平家物語を訊いております。教授が亡くなられたのが、2008年7月25日ですから、半年くらいになりますか。観ていたのが、YouTubeだったので、この機会にDVD付きの本を買っちゃいました。
Ogami流読後感想文、ランディ・パウシュ著「最後の授業」

« そういえば株券電子化なのだそうな | トップページ | 01月11日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/43667245

この記事へのトラックバック一覧です: デス・コミュニケーションと最後の授業:

» 夏が来ると思い出すシリーズ [当世宵闇綺談 by Ittoh]
 玉音放送が流れても帰れることのなかった南の島に、何度かの夏が過ぎた後、米軍の軍 [続きを読む]

« そういえば株券電子化なのだそうな | トップページ | 01月11日のココロ日記(BlogPet) »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ