« 01月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月17日のココロ日記(BlogPet) »

2010年1月12日 (火)

判りやすい映画ではある

 正月にAVATARを観たのであるが、非常に判りやすい映画であった。流石、「タイタニック」や「インディペンデンスデイ」を造った監督だけのことはある。色々とご意見もあろうかと思うけれど、個人的に「判りやすさ」というのは、エンターテイメントの最重要項だと思う。
 プロである以上は、ビジネスとして成功しなければならない。これは、あたりまえである。
 ネタばれになるかと思うので悪いけれど、「白黒時代の西部劇で、インディアンが勝つ話」というもの凄く判りやすい展開で話が構成されている。この判りやすさが、ジェームズ・キャメロン監督の持ち味であり、好みの別れるところなのだろう。
<AVATARオフィシャルサイト>http://movies.foxjapan.com/avatar/

« 01月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月17日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/47272453

この記事へのトラックバック一覧です: 判りやすい映画ではある:

« 01月10日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 01月17日のココロ日記(BlogPet) »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ