« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

柳ジョージの歌も良い

 <久しぶりのボトムズ>http://www.dmm.com/digital/bandai/-/title/=/title_code=2533/
 装甲騎兵ボトムズのベールゼンファイルを観ました。
 テレビシリーズの歌もいいけど、ベールゼンファイルの歌も良い感じである。内容的には、テレビシリーズとは似たようでちょこっと違うけれど、まぁ許容範囲といったところか。

2010年5月26日 (水)

天地無用(BlogPet)

ogamiは、天地無用っぽい観念するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

2010年5月21日 (金)

はてさて、明日はいづこで遊ぼうか

 歌留多屋さんからの話として、敵は”りんご”なのだそうです。すでに他は、対象外?とか、最終的に勝利したとか、言っているようです。歌留多屋さんにとってのラスボスは、”りんご”さんのようで、”りんご”さんの方も、次の標的を歌留多屋さんにとっているというお話があります。
 今月末に発売される、”りんご”さんの製品を巡って、電動遊具にも影響が出てきているみたいですねぇ・・・

2010年5月19日 (水)

05月19日のココロ日記(BlogPet)

きょうは範囲についてかんがえてみました!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2010年5月14日 (金)

残業ってなんだろうって

残業が嫌いです。就業時間外に残っていて作業をする場合、しなくても良いけど完成度が上げるために残って作業をする場合、残業とは考えません。これは、自分が自主的におこなっているものと判断しています。残業は、管理職からの命令によってしか、残業とはなりません。ただ法的には、会社に居れば、残業ということになります。だけど、自主的に残業している方が居られる状況が問題になるかと思います。日本では、ちょっとした親切心からのボランティアが、業務の慣行になってしまったのが問題なのだろうとも思います。
 
  そろそろ、経営者側を含めた、意識改革が必要になるのではないかと思います。

リンク: “長時間労働”を改めるには - ココログニュース
 正社員ばかりで、景気が良かった頃、会社に居れば残業が出たので、給料が安い新入社員とか、子供ができて金が必要な社員とかが、会社に居る仕事を造ることで、残業手当を貰ってた状況があったかと思います。
 これが、好景気やバブル期のように、業務自体が増加した時期は、残業せざるを得なくて、業務を処理するために、残業手当を貰って残業していたに変わりました。
 バブルがはじけ、正社員が居なくなった状況は、業務量自体は変わってなくても、相手から支払われる料金は変わらないという状況が発生します。この一連の流れが、サービス残業を恒常化させたのではないでしょうか?
 最初の頃は、ちょっとしたボランティアだったことが、恒常化して、慣行となり、サービス残業へと繋がったものだと思います。ボランティアの親切でできる範囲と、できない範囲は、個人個人で違うとは思います。1でなければ0、0でなければ1というデジタル発想をするのでは、会社が潰れてしまうとか、解雇されるとか、たくさんの矛盾が生じます。強迫観念から、サービス残業を実施することが多くなったり、過労死する管理職が発生したりします。そうではなくて、どちらにとっても、より働き易い環境を作り上げることを、きちんと考えていくことが大切だと思うのです。難しいことではありますが、どちらも歩み寄って対応して欲しいものです。

2010年5月12日 (水)

05月12日のココロ日記(BlogPet)

まさか、ogamiさんがするなんて!今日は眠れません。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2010年5月10日 (月)

ネット取引と税金

<ニュース>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100509-00000052-yom-soci
 確定申告とか終了して、様々な所得申告漏れに関する指摘が記事になっていた。何人かが、脱税や申告漏れで裁判とか、起訴とかされているみたいである。個人による株式取引も、証券会社による納税代行とか選択できるみたいなので、徐々に国税の枠に縛られつつある。
 オークションを含めれば、高額取引も増加し、ネット上の取引については、国税関係者にとって非常に監視し難い状況にあると言える。今後の取引金額が増加すると考えれば、国税局も本腰を入れる事は確かである。年間で1万2万の取引金額であれば、申告漏れがあっても大きな金額にはならないと思われる。しかし、取引している金額の0が6個以上になれば、申告漏れがあると死を招きかねないので、申告する方がマシであろう。

哲学士と呼ばれたいかな

 天地無用!系列のアニメが、割合に好きだったりもする。今は、異世界に出かけた剣士の物語を観ていたりします。どこが、好きというと色々とあるが、時折でてくる哲学士という肩書きを持つ方々の行動が面白くて良い感じである。また、樹木の力で、凄まじいエネルギーを発するとか、高位次元生命体とか、緑あふれる世界が、銀河を覆う力である。こんな、荒唐無稽といえば荒唐無稽で、有りといえば有りという雰囲気が、好みである。
 さらに天地無用では、哲学という学問が、学問全般を示している。ここらへんは、古代ギリシャの雰囲気がある。科学者でもあり、技術者でもあり、技能者でもある、科学技術技能を極めた人が、思考を極めるところから、哲学士と呼ばれているようで、個人的には天地無用で言う哲学士は気にいっている。
 

2010年5月 7日 (金)

これだけは・・・ (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ これだけは・・・
「この知識だけは他の人に負けないことはなんですか?」
これだけは・・・というのは、必ずどの分野でも負ける相手がいるのは確かだったりします。ですけれど、全体を見渡した時には、負けないかなって思っています。
 木のを観て、森を観ずという言葉がありますが、木の状況から森を観察することが好みだったりします。


« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ