« 05月12日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月19日のココロ日記(BlogPet) »

2010年5月14日 (金)

残業ってなんだろうって

残業が嫌いです。就業時間外に残っていて作業をする場合、しなくても良いけど完成度が上げるために残って作業をする場合、残業とは考えません。これは、自分が自主的におこなっているものと判断しています。残業は、管理職からの命令によってしか、残業とはなりません。ただ法的には、会社に居れば、残業ということになります。だけど、自主的に残業している方が居られる状況が問題になるかと思います。日本では、ちょっとした親切心からのボランティアが、業務の慣行になってしまったのが問題なのだろうとも思います。
 
  そろそろ、経営者側を含めた、意識改革が必要になるのではないかと思います。

リンク: “長時間労働”を改めるには - ココログニュース
 正社員ばかりで、景気が良かった頃、会社に居れば残業が出たので、給料が安い新入社員とか、子供ができて金が必要な社員とかが、会社に居る仕事を造ることで、残業手当を貰ってた状況があったかと思います。
 これが、好景気やバブル期のように、業務自体が増加した時期は、残業せざるを得なくて、業務を処理するために、残業手当を貰って残業していたに変わりました。
 バブルがはじけ、正社員が居なくなった状況は、業務量自体は変わってなくても、相手から支払われる料金は変わらないという状況が発生します。この一連の流れが、サービス残業を恒常化させたのではないでしょうか?
 最初の頃は、ちょっとしたボランティアだったことが、恒常化して、慣行となり、サービス残業へと繋がったものだと思います。ボランティアの親切でできる範囲と、できない範囲は、個人個人で違うとは思います。1でなければ0、0でなければ1というデジタル発想をするのでは、会社が潰れてしまうとか、解雇されるとか、たくさんの矛盾が生じます。強迫観念から、サービス残業を実施することが多くなったり、過労死する管理職が発生したりします。そうではなくて、どちらにとっても、より働き易い環境を作り上げることを、きちんと考えていくことが大切だと思うのです。難しいことではありますが、どちらも歩み寄って対応して欲しいものです。

« 05月12日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月19日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/48356981

この記事へのトラックバック一覧です: 残業ってなんだろうって:

« 05月12日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 05月19日のココロ日記(BlogPet) »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ