« Communicationから始まるIT | トップページ | ヒディングのシューキュー大会奮闘記? その2 »

2012年5月28日 (月)

ヒディングのシューキュー大会奮闘記? その1

昔々描いたものだったりします。(苦笑)
 日韓ワールドカップは、当時の日本に様々な影響を与えていました。

 デッキビルダー、ヒディングは苦悩していた。カンコ君の持っているカードでシューキュー大会に出るのである。しかし、カンコ君のカードでは、とてもではないが通常の手段ではシューキュー大会の決勝Tにはでられない。まして、決勝大会にニホンちゃんが出ると、その成績を必ず上回らなければならない。これが、至上命令であった。
 デッキ構成上、ニホンちゃんは、普通に戦えば、決勝Tに勝ち上がる。カンコ君のカードでも無理をすれば勝ち上がることはできそうだ・・・しかし
「ニホンちゃんの成績を上回るか・・・」
ヒディングの悩みはつきません。

« Communicationから始まるIT | トップページ | ヒディングのシューキュー大会奮闘記? その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/54818533

この記事へのトラックバック一覧です: ヒディングのシューキュー大会奮闘記? その1:

« Communicationから始まるIT | トップページ | ヒディングのシューキュー大会奮闘記? その2 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ