« ライトに魔法って?虚理と実理 | トップページ | Bing Previewって何だろうね »

2013年9月22日 (日)

風来坊「琉譚」 その1

 玉の音が、放送に流れても帰れることのなかった南の島に、何度かの夏が過ぎた後、米軍の軍服を着けたリュウ爺は帰ってきた。幼い孫のリュウ坊を連れて
 よくわからないまでの弾に抉られた跡、ボロボロの門。旧琉球大学のあった近くで、呆然と車を降りたという。どこをどう動いたのか、カデナの飛行場から、良くわからないままに記憶のままに彷徨ったそうな。
 「ッ・・・」
 崩れるように。滂沱の流れが滝のように目から溢れ、何も見えんかったそうな。米軍の軍服を着けて、欧州の地で激戦に激戦を重ねて、数千人はいた仲間たちも、殆どは帰らぬひととなり、識別票すら回収できない仲間も多かったそうな。収容所のねぇねぇにも、おばぁにも言えることもなく、ただひたすら闘い続けた歳月がようように終わった・・・されど・・・闘いの傷跡は、消えることは無い。
 「お爺ぃ・・・」まだ幼いリュウ坊が心配そうにリュウ爺の肩に手を当てる。そんな夏のひと時があったこと・・・今は昔の物語・・・

« ライトに魔法って?虚理と実理 | トップページ | Bing Previewって何だろうね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/58245930

この記事へのトラックバック一覧です: 風来坊「琉譚」 その1:

« ライトに魔法って?虚理と実理 | トップページ | Bing Previewって何だろうね »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ