« E=mc^2と錬金術 | トップページ | 茅田砂胡さんの全仕事が特集されてました »

2013年11月18日 (月)

続・世は不確かなるモノ

<過去記事・世は不確かなるモノ>
http://sugc.cocolog-nifty.com/ittoh/2008/03/by_ogami_1836.html
 私が気に入っている作品に、胡蝶の夢という漢詩がある。荘子の説話として、語られている。
「夢の中で、蝶になってた私が、夢から覚めた。されど、自分は蝶になった夢を見ていてたのか、それとも、自分こそが蝶の見ている夢なのか?」これが、胡蝶の夢である。是と非や善と悪、生と死や美と醜といったものは、人間が生み出した結果であり、荘子はそれをみせかけにすぎないとしている。あたかも、夢の如くといったところである。
 信長が舞い踊ったとされる、「敦盛」もそんな思いから生まれた作品である。
 個人的には、異世界モノの原典は、「胡蝶の夢」だと思っている。
 ライトノベルが流行っているのは、最近の特徴だが、内容として異世界ものが増えているような気がするのは、気のせいでは無いように思う。
 他次元宇宙論が、現実として正しいとすると、異世界が存在する確率は、ゼロではないということになる。
 過去は、「記憶」と「記録」の中にしか存在しない。
 未来は、「想像」と「創造」の中にのみ存在する。
 個人的に、世界が不確定であるのは、世界を推し量る存在そのものが、自分であるということにある。多くの人にとって、確定しても個人的には、確定した世界は存在しているとは思っていない。現実にしても、夢幻の如くであることに、違いというものは無い。
 その中で、どのように生きゆくかを拘るのも、「胡蝶の夢」でしかないが、されど、それもまた面白き人生なのである。
 高杉晋作の「おもしろきこともなき世をおもしろく・・・」は、けだし、名言である。
 最近のTVアニメで面白いと思ったのは、「有頂天家族」で、その最終回を見ながら、つらつらと描き綴ってみた感想です。

« E=mc^2と錬金術 | トップページ | 茅田砂胡さんの全仕事が特集されてました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/58596846

この記事へのトラックバック一覧です: 続・世は不確かなるモノ:

« E=mc^2と錬金術 | トップページ | 茅田砂胡さんの全仕事が特集されてました »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ