« 「昭和16年夏の敗戦」は今いずこ? | トップページ | 正しい囲い込みはあるか? その2 »

2014年1月10日 (金)

正しい囲い込みはあるか? その1

 最近、ようやくコンテンツが、コンテンツとして購入する方が増えてきたようである。これは、スマートフォンの浸透と、画面の高精細化が進んだ結果でもある。技術的に使えるようになったとういところなのだろう。
 しかし、現在の電子コンテンツには、大きな問題がある。"囲い込みだ"
 最近の囲い込みは、iPadやAndroidにPCやkindleで見れるといった、ハードに対しては緩やかになっているが、コンテンツそのものの権限については、非常に大きな課題を抱えてしまっている。
 かつてのキャリアによる、ハードが変わってもサービスへの影響は受け難いが、アプリを管理しているサービス担当会社が潰れたり、事業撤退などが生じると、サービスが消え、コンテンツそのものの継続が不明確になる。これが、囲い込みの問題となっている。
 日本の電子書籍は、未だにそれほど儲からない状況のようだが、黒字となっている会社がようやく出始めているようである。それはそれで良いことではあるが、囲い込みという状況そのものは、非常に多くの問題を抱えているままである。

« 「昭和16年夏の敗戦」は今いずこ? | トップページ | 正しい囲い込みはあるか? その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/58917303

この記事へのトラックバック一覧です: 正しい囲い込みはあるか? その1:

« 「昭和16年夏の敗戦」は今いずこ? | トップページ | 正しい囲い込みはあるか? その2 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ