« 多分、嵐のような平凡な日々04 | トップページ | DeveloperとCreator »

2014年2月26日 (水)

よもやま綺譚 天下の百万都市なり竜王都 その1

 よござんすか皆様。「講談師、見てきたように嘘を言い」というのは、よもやま話の基本であります。この竜王都についても同じであります。異世界、異世界と最近の流行りで言いましても、どんな世界なのかは、なかなかに解り難いものでございます。そこで、講談師たるIttohが、少し、よもやま話をしていこうと思って描きました。
 まず、この世界は六大氏族が覇を競う異世界ではありますが、古の「契約」により大規模な戦には制限が加えられております。特に、氏族を滅ぼすがごとき戦は戒められております。これが、まずは、この異世界の特徴であります。
 また、六大氏族の中では、竜族の権威というものがあります。竜族は、天竜、火竜、水竜、地竜、風竜の五大氏族で構成されていますが、天竜は天主様とも言い、竜族の頂点にたっておられます。天竜は、その膨大なる魔力を、自分自身の意志で封じられておられます。暴れると天地が砕けるとも言われますので、火竜、水竜、地竜、風竜の各部族は、強大な魔力をお持ちではありますが、せいぜいが山一つ分と言いますので、世界一つ分の天竜様にはかないません。この封じられた力こそが、「契約」を「契約」として成立させているともいえます。
 竜王様のお膝元ですが、竜王様は、聖都に御住みで六大氏族会議では、竜王府の長たる執政様が代理として出席されます。火竜、水竜、地竜、風竜の方々も、聖都にお住まいの方々が多いので、それぞれの氏族から執政官が派遣されています。執政官は竜族の方であることが多いですが、現在の竜王府執政はライガ様で、純粋な竜族ではなく、剣神様と獣族の間にお生まれになった方でございます。
 剣神様は、戦災孤児で竜王都で育ち、剣士として冒険の旅を数十年に渡って続けられ、様々な伝説を各地に残されております。最大の伝説は、"剣聖"様との戦いで、千年不敗の伝説が終わり、剣神様の伝説となったのであります。

« 多分、嵐のような平凡な日々04 | トップページ | DeveloperとCreator »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/59202588

この記事へのトラックバック一覧です: よもやま綺譚 天下の百万都市なり竜王都 その1:

« 多分、嵐のような平凡な日々04 | トップページ | DeveloperとCreator »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ