« ”憤怒” その2 | トップページ | ”憤怒” その3 »

2014年3月29日 (土)

竜王都シリーズ 概説1

 竜王都シリーズというか、描きたかった時代劇風異世界についてよもやま綺談として描いております。いくつかは、描けてきましたので、紹介風概説を少しとりまとめて、描いてみました。
<"契約"世界>
 竜王都を含めた、異世界の呼び名。一般に、"住んで居る人にとって、自分が存在する世界がすべてなので、世界を表す言葉というのは無いのが普通"という前提にしたがって、世界そのものの名称はありません。
 ただ、それでは描きづらいので、"契約"に基づいた異世界であるということで、"契約"世界という呼び方をしております。
<"契約"と"集会">
 The Quriltai of the Contractと呼ばれる、有史以前と以後を分ける"契約"のこと。"契約"世界は、一度、竜族同士の諍いから、世界中で争いが起きて、様々な種族が滅亡や滅亡寸前まで追い込まれてしまった。また争いが激化し、天竜が戦いを起こす状況にまでなりそうであったため、大地そのものまで深刻な被害を受け、大地そのものが滅びそうになったため、当時の天竜王が、それまで2個あった月の一つを砕いて、戦場に降り注ぎ、戦っていたすべての種族を壊滅に追い込んだという伝説がある。
 このときに、生き残った主要氏族(竜、人、魔、獣、妖、鬼)が、現在の六大氏族であり、このときに結ばれた"契約=The Contract"であり、契約が結ばれた集まりが"集会=The Quriltai"である。この"集会"が行われる場所が、現在の竜王都である。
<竜王都>
 The Quriltai of the Contractの開催場所。年に一回開催される集会であり、主要氏族だけで無く、各氏族傘下の少数氏族を含めて、集まってくる場所が"竜王都"である。元々は、天竜王の都であったが、竜族は他の部族を好まないところがあるため、現在の天竜王が、すべての竜族を率いて、竜王都の北に聖都を建設し、竜族の都とした。竜王都そのものは、"The Quriltai of the Contract"の都として、天竜王の代行として、執政府が置かれている。
<"The Quriltai of the Contract">
 歴史は、"The Contract"に始まる。大地に生きるモノが守るべき"契約"となっている。基本としては、氏族と氏族の殲滅戦闘の禁止。このため、大規模な町では、無抵抗を宣言した段階で、殺戮することが認められていない。また、種の保存を大前提としているため、男女の性愛は、"婚姻"という契約として規定されている。"婚姻"に制限がないため、"契約"世界は、多夫多妻制が認められている。ただし、氏族によっては、"婚姻"に制限があることもあり、竜王都で行われる"集会"では、議題にのぼることが多い。この結果を不服とした争いも起きるため、竜王府には、専門の調停部署が設置されている。現在の日本で言えば、家庭裁判所と児童相談所なんかを合わせた感じ。
 氏族同士の紛争は、小競り合い程度が、日常茶飯事に生じているが、"集会"の議題に上ると、争いそのものが止められて、紛争が強制的に解決されるのを避けようとするため、大規模紛争は避ける傾向にある。"剣神=イットウサイ"が"剣神"になる以前、各地を旅する中で、子供を助けるために、紛争中の両者を共に叩き潰したりとか、世界中の氏族の強者達と戦って勝ったりとか、様々な伝説を残している。
<剣神=イットウサイ>
 この竜王都シリーズの要石のような存在である。
 本人自身は、ただの剣客である。しかしながら、その実態は、異世界へ転生した、戦国末期から江戸時代の剣客にして、一刀流の開祖「伊藤一刀齋」が、異世界に転生した姿である。"憤怒"の頃が、60歳くらいの設定である。前世の一刀齋が90歳以上生きているようなので、後、30年くらいは活躍できる予定・・・
 まぁ、作者的には、普通の人間が、異世界でチートで活躍できるのなら、もともとチートな人間が異世界に転生したら、この程度はできんじゃねぇとおかしいよねという目的で創られた存在。
 前世については、記憶として残っている。漢詩「胡蝶の夢」の如く、夢の中の出来事として認識している。転生は、竜王都の戦災孤児として生まれ、夢の中の想いから、剣客を目指して修行をし、冒険者となった。若い頃は、世界中を旅をしながら自分自身を鍛え上げつつ、各地に様々な伝説を残していったという設定。
 本人に意識は無いものの、剣客の矜持が強く、"The Quriltai of the Contract"が生まれた理由や自分自身の生い立ちから、"The Contract"への想いが強い。何人かの女性と交際し、世界中に子供が居るかも知れない状況があったりする。現在は、獣族のマーヤと天竜族の羌玲という、二人の妻と一緒に暮らしている。羌玲との間に、茜という娘が一人生まれた。また、マーヤとの間に生まれた子供達の孫達を含めた孤児を預かって養育している。
 前世の記憶から、世界中を巡る中で、和食と似たようなモノを見つけては、竜王都で広めたり育てたりしている。特に鬼族の里で見つけた米や甘藷を、屋敷近くに水田を造って、育てている。このため、屋敷を含めた大川沿いには、和風の田園地帯が拡がっている。

« ”憤怒” その2 | トップページ | ”憤怒” その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12711/59372163

この記事へのトラックバック一覧です: 竜王都シリーズ 概説1:

« ”憤怒” その2 | トップページ | ”憤怒” その3 »

フォト

ココログペット

  • ちょっといれてみました
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Ogamiのココログリスト

無料ブログはココログ