« とりあえず動いた | Main | LabVIEWの資料 »

September 22, 2004

LabVIEW7.1プログラミングvol.1

 7.0からなのだが、LabVIEWのプログラミング方法が少し変更になっている。LabVIEWのプログラミングは、データの流れをワイヤで描くことで、プログラムを作成していく形になっている。この基本原則に変更は無いが、ワイヤツールや文字ツール、操作ツールなどがツールボックスとしてまとめられていたのだが、7.0以降は、ツールを自動的に認識して操作できるようになっている。
[LabVIEW7.1プログラムテキスト1]
[LabVIEW7.1で作成したプログラム]

ツールの自動認識は、マウスのカーソル位置で判断しているようで、プログラム作成について便利になっている。しかしながら、操作ツールや文字ツールに関しては、クリックを併用することで認識されているため、慣れるのに時間がかかりそうだ。
 GUIによる直感的な操作をプログラムに持ち込んだ宿命でもあるのだが、直感的に操作は、慣れるまでが結構大変なので、CやJAVAなんかのプログラムに慣れている人は、LabVIEWを使ったプログラムに最初は違和感を感じてしまいます。(それであきらめたり、嫌がったり、屁理屈をつける人がでてくる)
 Webページを作成するのに、テキストエディタで作成することへこだわる人がいました。(今もいないわけではないけれど・・・)テキストエディタでWebページを創る人が、今どのくらい、存在しているのでしょうか。いまや、様々な直感的なWebページ作成ソフトによって、Webページを作成する人がほとんどです。オブジェクト指向やエージェント指向によって、徐々にプログラムの流れも、だんだんとGUIに向かって流れていきます。おそらくは、何十年か経てば、プログラムを作成するのにテキストで書く人は、非常に少数派になってしまっていることでしょう。LabVIEWが、完璧であるわけではありません、だが、GUIを使ったプログラム方法としては、一つの答えであることは間違いないでしょう。

« とりあえず動いた | Main | LabVIEWの資料 »

Comments

ツールボックスがありました。
shift+右クリックで表示されます。

クワトロシステムの渡島様、情報提供ありがとうございました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LabVIEW7.1プログラミングvol.1:

« とりあえず動いた | Main | LabVIEWの資料 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ