« Webコントローラ起動完了・・・sigh | Main | 高周波用アクセサリと電磁波(SAR値) »

August 09, 2006

信号の測定と演算

Fft02_1
周期測定用VI
Fft02_2
逆数演算用VI
 一般には,波形信号の表示だけでなく,波形の特徴を解析した結果を表示する必要があります.
 DAQからのデータ集録用VIを使って,取り込んだ信号の周期[sec]を測定し,測定した周期から,信号の周波数を算出します.
 データ集録用VIを使って,出力されたデータを,周期計測するVIに入力し,出力を表示機に表示させます.この時,波形からの周期データの出力は,配列関数になっていますので,配列データから数値データに変換するVIを使います.(ここらへんの操作は,初めてのLabVIEWを参照してね)
 周期データを逆数演算用VIの入力に配線し,出力を表示機に配線します.これで,周期と周波数が表示できます.実行すると,信号の周期および周波数が表示されます.

Fft02d
Fft02p
「FFT02.vi」をダウンロード

« Webコントローラ起動完了・・・sigh | Main | 高周波用アクセサリと電磁波(SAR値) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信号の測定と演算:

« Webコントローラ起動完了・・・sigh | Main | 高周波用アクセサリと電磁波(SAR値) »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ