« 使い方を知らんと意味が無い商品 | Main | ノイズの評価 基本1 »

August 29, 2006

ケータイからの電磁波

SAR(Specific Absorption Rate)値:
 無線設備等から出力される電磁波に対する、単位質量あたりの生体組織に単位時間当たりに吸収されるエネルギー量。
 総務省では、任意の組織10g当たりの局所SARが2W/kgを超えないことと規定している。この測定方法に関しては、国際標準のIECで規定されている。ただ、表示方法は平均値表記となっているため、最大値についての表示は無い。ケータイ電話の場合、着信時やパケット通信の送信および受信時に最大放射量となるが、その状況以外では、非常に微弱な信号しか放射していないため、平均放射量は非常に小さくなっているのは事実である。
 特に各メーカは、SAR値があがらないようにソフトウェア等で出力調整をおこなっており、平均値測定では総務省の規定を超えるようなことは無いようになっている。ここらへんから、最大値表記が必要なのではないかという意見が、今もでているが、あまり大きな声とはなっていない。(実測した結果等を記載してみたが、瞬間的な出力はかなり大きい)
 測定方法は、ダイポールアンテナをたてて、ケータイ電話の着信時やパケットの送受信を操作をおこなった時の測定値である。ま、電波暗室で測定したわけでもないので、簡易計測の参考資料程度ではあるが、かなり大きな出力なのは間違いない。
 測定方法は、ダイポールアンテナをたてて、ケータイ電話の着信時やパケットの送受信を操作をおこなった時の測定値である。ま、電波暗室で測定したわけでもないので、簡易計測の参考資料程度ではあるが、かなり大きな出力なのは間違いない。
測定結果の記事は、2004.11.1の私のページです。 http://sugc.cocolog-nifty.com/nari/2004/11/post.html


 追記ですが、そのときにショットキーバリアダイオードを使った回路も作ってみました。ワニ口の線をループアンテナとして使用します。


« 使い方を知らんと意味が無い商品 | Main | ノイズの評価 基本1 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイからの電磁波:

« 使い方を知らんと意味が無い商品 | Main | ノイズの評価 基本1 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ