« 新JIS記号 5 | Main | LabVIEWと新JIS規格 »

July 05, 2007

新JISの図記号について 6

 何回かブログで描いていますが、MILからIECへの二値論理回路のお話です。Visio2002で作成してみました。
 二値論理回路のMIL記号についても、同様だったりします。ほとんどの方がMIL記号で覚えておられていて、JIS記号の描き方を知らない人が多いのも事実です。ま、MIL記号の描き方を知っている人も少ないですけどね(笑)
 AND、OR、NOTに関しては、あまりにもMIL記号が一般化していますが、ISO/IECの規格上では表記方法が異なります。また、NOT素子に関しては、Logic polarityと表記する場合と、Logic negationと表記する場合で異なります。Visio2002で描く場合は、Logic negationを描くことはできるのですが、Logic polarityを表記することはできません。つまり、Nagatorは描けるけど、Invatorは描けないみたいです。
 本稿の図記号は、Visio2002で作成しました。バッファ素子の図記号は、特殊増幅なしという記載になります。
Photo_18

閑話休題・・・
 二値論理回路の場合、電気の流れについては、考慮されていません。配線上を流れる信号が電気信号であろうが、単なるプログラム上の話であろうが関係なく、論理状態だけが記述対象となっています。ここらへんは、実装用の回路設計をする時に、最初に戸惑ったりする部分ではないかと思います。

« 新JIS記号 5 | Main | LabVIEWと新JIS規格 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新JISの図記号について 6:

« 新JIS記号 5 | Main | LabVIEWと新JIS規格 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ