« 続・GPIB/Ethernet変換機 | Main | 素子記号 その1 »

December 13, 2007

続々・GPIB/Ethernet変換機

 テクトロニクスさんの場合、命令等は変わってないみたいなので、機械設計2000年9月号のプログラムと同じように命令を入力します。テクトロニクスさんは、RS232C/GPIB/Ethernet共に、同じ命令体系を使用しているみたいです。ユーザーとしては、混乱しないし、動かしやすいので助かっています。
命令「:DAT:SOU CH1;STAR 1;STOP 100;ENC ASCI;:HEAD ON;VERB ON;:wavf?」
(データ設定、ソースチャンネル1、STARTから100個のデータをアスキーコードで取得、データ長1バイト、ヘッダを表示、省略無し、波形表示命令)
Gpib04_2
 ただ、ナショナルインスツルメンツさんのGPIB/Ethernet変換機は、Measurement & Automation上でIPアドレス等の設定を終了させると、インターフェースの使い方は、従来のGPIBと同じになります。ここらへんの設定については、IPアドレスに関する基礎知識が必要となります。
Gpib05

オシロスコープの画面をパソコンに転送する場合
命令「HARDC:FORM BMP;PORT GPIb;:HARDC STARt」
(ハードコピー、フォーマット形式ビットマップ、出力ポートGPIB、ハードコピースタート)
Gpib06
 計測器側の命令に対する応答速度、変換機の応答速度といった問題からか、データの転送速度がそれほど速くないので、タイムアウトを長めに設定しました。(画面上は、60000[msec]の設定になっています)

« 続・GPIB/Ethernet変換機 | Main | 素子記号 その1 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続々・GPIB/Ethernet変換機:

« 続・GPIB/Ethernet変換機 | Main | 素子記号 その1 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ