« MATLAB2008aにアップデート | Main | 続・USB接続のデータ集録ボード »

April 30, 2008

USB接続のデータ集録ボード

Usb6009


ナショナルインスツルメンツ社製
 低価格データ収録ボード USB-6008
・8チャンネルアナログ入力
・12もしくは14ビット分解能
(6008が12bit、6009が14bit)
・サンプリング最大48 kS/秒
(6008が10kS/s、6009が48kS/s)
価格:USB-6008 \19000-
   USB-6009 \32000-
価格の方は、大学とかの場合は、アカデミック価格なので、上記価格より安くなります。
 基本的にナショナルインスツルメンツ社の製品は、Measurement & Automationによって認識される。ボードの稼働テスト等についても、Measurement & Automation上でおこなう方法をとっている。デバイスドライバも個々の集録ボードごとにインストールするのではなく、まとめてインストールする形態をとっています。(おかげで、インストールにかかる時間は結構長い)
Labview01


 インストールが完了した後で、集録ボードをパソコンに接続します。パソコンに接続すると、自動的にドライバのインストールが開始されます。
Labview01_1


 ドライバーのイントール中に他の作業をしてしまうと、認識エラーが生じてデータベースが壊れたりします。
Error


 ナショナルインスツルメンツ社の集録ボードの動作確認は、Measurement & Automation上でおこなう形となっています。
Labview02Labview04


Labview05

« MATLAB2008aにアップデート | Main | 続・USB接続のデータ集録ボード »

Comments

とりあえず、エラーは、NI-DAQmxをアンイストールして、再度インストールしたら治りました。(^^A;;;

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference USB接続のデータ集録ボード:

« MATLAB2008aにアップデート | Main | 続・USB接続のデータ集録ボード »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ