« MATLAB R2008aへの補足1 | Main | 非等間隔計測と、等間隔計測 »

June 26, 2008

MATLAB R2008aへの補足2

Simulink01
 Simulinkもそれほど大きな変更はありません。6.5と比較すると、ちょこっとライブラリ表示が便利になったくらいかな?MATLABを起動して、新規ファイルでモデルを選択し、表示からライブラリブラウザを選択することで、ブロック図を描けるようになります。
Simulink02

Simulink03
 ここらへんも大きな変更は無い感じです。
 ライブラリブラウザのSourcesから信号を選択して、Sinksから表示画面を選択して貼り付け、出力信号から入力信号への配線が完了すれば、完了します。入力と出力の間に演算処理機能を入れることで、演算処理が可能となります。
Simulink04

« MATLAB R2008aへの補足1 | Main | 非等間隔計測と、等間隔計測 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MATLAB R2008aへの補足2:

« MATLAB R2008aへの補足1 | Main | 非等間隔計測と、等間隔計測 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ