« 情報量の有限と無限・・・認知可能範囲 | Main | 完成しました »

July 09, 2008

MATLABからLabVIEWへ その2

 MATLABでは、M-fileを使って、演算処理を保存しておく方法をとっています。コマンドを並べて、実行処理できるように記述したファイルをMATLABでは、M-fileと呼んでいます。
M_file01
 M-fileの作成は、MATLABを起動して、ファイルから新規作成の中にあるM-fileを選択して実行します。実行しますと、エディタ画面が起動します。エディタ画面上に、MATLABのコマンドを記述していくことで、プログラムを記述することができます。
M_file02
M_file03

 LabVIEWでMATLABで作成したM-fileを使用する場合、MATLABscriptを使います。
<MATLABからLabVIEWへ その1>http://sugc.cocolog-nifty.com/labview/2008/07/mtalablabview_fd53.html
 MATLABscriptの枠にマウスのカーソルを合わせて、右クリックします。右クリックした後で、表示されるメニュー画面から、インポートを選択します。選択した結果ファイル選択画面から、LabVIEWに組み込むM-fileを選択します。
M_file04
M_file05
 出力端子を組み込み、演算結果を出力できるようにすれば完成となります。
M_file06

« 情報量の有限と無限・・・認知可能範囲 | Main | 完成しました »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MATLABからLabVIEWへ その2:

« 情報量の有限と無限・・・認知可能範囲 | Main | 完成しました »

February 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ