« 非等間隔計測と、等間隔計測 | Main | ADCのノイズ »

July 01, 2008

MTALABからLabVIEWへ その1

Matscript01
 MATLABの描き方を、LabIVEW上で可能としているのが、MATLABscriptです。
MATLABscriptは、関数の中にある数学グループ内スクリプトノードの中にMATLABスクリプトがあるので、選択して貼り付けます。MATLABscript内の描き方は、MATLABと同じなので、MATLABを記述するのと同じように記述をおこないます。
Matscript02
 演算結果の出力端子は、MATLABscriptの枠にマウスのカーソルを合わせ、右クリックします。右クリックして表示されるメニュー画面から、出力の追加を選択します。出力の追加を選択しますと、出力端子が現れます。この出力端子にMATLABscriptに記述した演算結果から出力変数を記載すると、演算結果が出力されます。
Matscript03

 この演算処理は、MATLAB側で演算されています。つまり、MATLABとLabVIEWが、両方インストールされている必要があります。LabVIEWのVIを実行すると、MATLABが起動してScriptを実行し、LabVIEWに演算結果を渡して、LabVIEW側に出力できるようになります。
Matscript04
 

« 非等間隔計測と、等間隔計測 | Main | ADCのノイズ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MTALABからLabVIEWへ その1:

» MATLABからLabVIEWへ その2 [計測制御&LabVIEW徒然草 by 成田義也]
 MATLABでは、M-fileを使って、演算処理を保存しておく方法をとっていま [Read More]

« 非等間隔計測と、等間隔計測 | Main | ADCのノイズ »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ