« 周波数特性とBode線図 | Main | プロジェクトとして”総合的なものづくり” その2 »

February 04, 2009

プロジェクトとして”総合的なものづくり” その1

 定常業務は、日々のオペレーションであり、点検作業や電話応対、既存ラインによる生産、受注や発注業務といった業務を示す。こういった業務は、日常のいたるところで生じ、継続的に実行されていきます。仕事というだけでは、オペレーションであって、プロジェクトという呼び方はしません。
 ビルの受注して、下請けに投げて、建設して、クライアントに納入するは、プロジェクトではなくオペレーションとなります。このように、短期的なプロジェクトを繰り返し実行する場合、個々の業務単体がプロジェクトになることはありますが、リーダー業務や調整は、オペレーション業務になります。ここの作業が、プロジェクトとなるか、オペレーションとなるかは、関わる時の意識差でもあり、立場の取り方でもあります。
 プロジェクトは、有期性と独自性を持ったものということになります。工場の建設から、工場の廃棄や建て替えまでと長期的にとらえれば、プロジェクトですが、工場の運用期間中に生じる業務はオペレーションとなります。ここらへんの用語は、とらえ方によって異なると考えた方がいいです。

 通常は、工場の建設に関わるプロジェクトや、生産ラインの構築に関わるプロジェクト、新製品の開発に関わるプロジェクトといったように、短期的に見た場合をとらえて離されることが多いのは事実です。また、プロジェクトは、有期的であるため、かならず終りがあり、評価が生じます。結果として、成功だった失敗だったという結果が得られます。プロジェクトの成功は、参加者全員が満足するような大成功をおさめることもありますが、一部の人が満足しても他の人が不満を抱くような結果が出ることもあります。
 プロジェクトの成功は、「プロジェクトに課せられた課題は何か?制約条件は何か?プロジェクトの目標は達成できたのか?」といった項目をチェックしていくことで確認できます。
 成果物の遅れやコスト増が発生したプロジェクトは、成功ではなく失敗です。しかし、目標が達成できたことは成功となります。また、プロジェクトの中で色々なことが学べたことは成功だと言えます。プロジェクトの成功と失敗は、制約事項を満たした上で、目標を達成できたかどうかによって判断するものです。

« 周波数特性とBode線図 | Main | プロジェクトとして”総合的なものづくり” その2 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロジェクトとして”総合的なものづくり” その1:

« 周波数特性とBode線図 | Main | プロジェクトとして”総合的なものづくり” その2 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ