« 精密計測用の資料 | Main | 沖縄に来たことで・・・ »

June 26, 2009

現在、過去、未来~♪

 次に起きることを、数学モデルを使って予測することで、自分の目的に合わせて働きかけをおこなう。計測結果から推定モデルを策定して、制御量を決定する。この一連の流れの基本的な実務に使われている方法のひとつが、PID[比例-積分-微分]制御となります。
 良く古典制御として、大学等の高等教育機関では話されることが多いですが、実務上の制御方法としては今でも有効です。また、古典制御で1入力1出力を基準としている制御を、多入力一出力や他入力多出力といった制御などのモデリングすることを考えるのが、現代制御理論ということになります。
 個人的には、大ざっぱな理解として、古典制御と現代制御の違いは、演算が要素であるかパラメータになるかくらいしか違いがないという認識だったりします。

PID[比例-積分-微分]制御って何ですか?
 エアコンの制御で、設定値28度で、室温が32度であれば、差が+4度となります。この差の分に合わせてエアコンの出力を調整するのが、比例制御(Proportional Control)となります。>現在>
Pid01
 エアコンが稼働した結果、エアコンの出力を積算した値と室温から、エアコンの出力を調整するのが、積分制御(Integral Control)となります。過去>>
Pid03


 エアコンが稼働している状態で、室温が32度から29度に変化した場合、室温の変化量に合わせて、エアコンの出力を調整するのが、微分制御(Differential Control)となります。>>未来
Pid02_2

« 精密計測用の資料 | Main | 沖縄に来たことで・・・ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 現在、過去、未来~♪:

« 精密計測用の資料 | Main | 沖縄に来たことで・・・ »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ