« 集積回路の図記号が変化した? その1 | Main | 電気電器電機 その1 »

August 04, 2009

集積回路の図記号が変化した? その2

「おじぃ、電子CADの行方は?これから、どうなるの?」
「はてさて、どうなるものやら、ようわからないねぇ」
「それでいいの?」
「なんくるないさぁ~」オイオイ
 という会話があるかどうかはわかりませんが、正直なところで言えば、電子CADの現状はあまり良いとは言えません。
 CADって、Computer Aided Designのことですよね。電子CADって、支援しているのは、部品配置のレイアウトと、配線接続のネットワークと、基板パターン設計の支援をしていますが、電子回路設計の支援はしてないです。例えば、入力に対して100倍の増幅回路が欲しい場合に、どのようなシステム構成にして、回路をどのように設計するかってところは、支援してくれないです。ソフトウェアは、サンプル回路があって、そこから組み込んだり、部品を選定したりとかありますけど、サンプル回路ってないんですよね。
 各メーカーさんの自分で出している部品のサンプル回路はあっても、仕様条件に対してのサンプルじゃないんですよね。結果から言えば、電子CADって、部品レイアウト&基板設計シミュレーション用のCADであって、電子回路設計用のツールじゃないというのが個人的な感想です。

 電子回路設計からいえば、大きさは不明の機能ブロック図のような設計になるハズです。個々の機能ブロックがあって、機能ブロックをどのようにモデリングするかで、回路の設計が変わります。ゲートIC?PLD?ECU?PLC?ブロック間の接続は?機能が同じであれば、どの部品を選定しても、設計は可能です。電子CADって、こういった構想段階は、支援してくれないんですよね。
 パソコンの画面を見ている間は、プログラム描いているって言わないよ~と同じように、パソコンの画面を見ている間は、回路設計しているって言わないよう~なんです。機能ブロック図に基づいた回路図が構成できたときには、回路設計は終わっているんです。つまりは、電子CADって、回路設計が終わった後の支援ツールなんですよね。だから、電子CADを使っている時には、新JISは既に必要ないんです。
 感覚としては、ちょうどプログラム設計では、オブジェクト指向がでてきたころのプログラミングって感覚なんじゃないかと思います。行きすぎは何事にも問題はありますが、コーディングは作業であって、プログラミングそのものではないという感覚が、電子回路設計にも必要なんじゃないでしょうか?
 回路設計についても、何をすればいいのか理解できている技術屋さんの数って、減ってきているように感じるのは、気のせいなのでしょうか?

« 集積回路の図記号が変化した? その1 | Main | 電気電器電機 その1 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集積回路の図記号が変化した? その2:

« 集積回路の図記号が変化した? その1 | Main | 電気電器電機 その1 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ