« 雪の降らない島のX’masイルミネーション 01 | Main | 音楽データについて »

September 15, 2009

雪の降らない島のX'masイルミネーション02

課題(要求記述)
 「MP3プレイヤ等の音楽機器からの出力信号に合わせて、フルカラーLEDの色相調整やON/OFFによる点滅によって変化させる」
 「ハードウェア上の設計では、彩度および明度の調整をおこなって、各LEDの輝度をだいたい同じなるように調整する」
Lr01

形状および基本要求事項、制約条件
<>MP3プレイヤからの出力信号は、3mmステレオプラグが使用されることが多い。この条件から、当該機器は、3mmステレオプラグからの入力信号に合わせてLEDの調光をおこなう。また、出力側へは、3mmステレオソケットとする。
<>音声信号には、ノイズがのらないように最低限の配慮すること。
<>電源は、汎用性をたかめるため、乾電池ソケットを用い、充電式乾電池で駆動できること。ケータイでの駆動を考えるため、ボタン電池での駆動を可能とすること。
<>形状は、小中学生等を対象とした、ものづくりコーナーで短時間で作成できるよう、小学生程度でも製作可能とするため、部品点数は、出来る限り減らし、小型化が必要がある。ただし、半田付けおよび試作にブレッドボードを用いるため、DIP型の素子および部品を用いること。
 駆動に必要な電源は、バッテリとするが、設計上、駆動時間についてできる限り配慮すること。
<>製品をケータイ可能とするため、製品外形をアクリルの冷間樹脂成型することを前提としておくこと。
<>基板の製造要件の制約から、片面基板で製造可能とすること。
<>フルカラーLEDの出力に対して、個別に抵抗器を接続し、RGBそれぞれの輝度調整をハードウェアでおこなえるようにすること。
<>ソフトウェア上で、省電力のため、音楽信号が入力されていない状態でのLEDを消灯しておくこと。
<>LEDの制御は、RGBすべてのカラーを用いること。
<>フルカラーLEDは、日亜化学5mm4本足 カソードコモンを使用する。
<>組込用のマイコンは、PIC 12F683を用いる。

« 雪の降らない島のX’masイルミネーション 01 | Main | 音楽データについて »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の降らない島のX'masイルミネーション02:

« 雪の降らない島のX’masイルミネーション 01 | Main | 音楽データについて »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ