« UML:Unfied Modeling Language #01 | Main | UD:Universal Designとは? »

November 16, 2009

UML:Unfied Modeling Language #02

 ソフトウェアを分析する上での基本は、
  1.何が入力として与えられたか
  2.そのとき、何をしなければならないか
  3.出力は何か
 以上3点の明確化が、分析の基本となります。
(H.FUkura 「UMLによる設計」より)
 この分析手法のベースとなっているのが、「オブジェクト」という単位で、システムを捉えていこうとする考え方となります。つまりは、「オブジェクト指向」による開発・設計の流れの中で、UMLが使われているということです。
 システムの”まとまり”を、一個のオブジェクトとし、システム全体を、オブジェクトのグループとして扱います。オブジェクトとオブジェクトのつながりをコミュニケーションとして捉え、連携している状態をハードおよびソフトで構築していくということが、オブジェクト指向となります。

 オブジェクト指向では、システムを抽象化することで、構築していきます。これが、システムのModelingという作業となります。データの流れやワークの流れは、流れ図の描き方DFD:Data Flow Diagramで捉えて、描いたりします。オブジェクトをブロック単位で構築し、演算処理を流れとして構築していけば、BD:Block Diagramとなります。
 こういったモデルの表記方法を、きちんと規格化することで、明確化したのが、UML:Unified Modeling Languageという方法になります。つまりUMLは、システム等を「オブジェクト指向」で記述するための、図示方法の標準化したものということになります。

« UML:Unfied Modeling Language #01 | Main | UD:Universal Designとは? »

Comments

I really like reading through a post that will make men and women think. Also, many thanks for allowing for me to comment!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference UML:Unfied Modeling Language #02:

« UML:Unfied Modeling Language #01 | Main | UD:Universal Designとは? »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ