« Physical Computingのためのマイコンは色々あるんだけどね | Main | LabVIEW2011とArduino »

January 18, 2012

ArduinoIDEとArduino コーヒーブレイク?

 Arduinoは、コーディングとか知らなくても、電子回路を知らなくても、なんとかかんとかマイコンが動かせるように、簡単に利用できるように構成されています。入出力のインターフェース部分について、簡易的に利用できることを前提に設計・開発されたシステムになっています。
 これは、マイコンとかに詳しい人とか、電子回路に詳しい人とかには、不親切な側面になっているようです。プロとかマニアには、痒いのに手が届かない(だけど、素人さんの痒いところには届きやすい・・・)雰囲気があります。個人的には、好みのシステムなのですが、評価が分かれているように思います。

 確かに、スケッチが長くなると、障害が多くなり、どこでどのようにエラーが生じるのかが判断しにくい構造になっています。同じloop()の中で、通信ポートを複数使用すると、データがうまく読めなかったり、シリアル変換とか使っていると、通信ポートを占有に近い形で使用していると、スケッチがアップロードできなくなったり、PWMを何個も設定すると上手く動作しなかったりとかあります。これは、使用しているライブラリを見直したりすると、直るのかもしれませんが、こういった現象に対しては、敷居が高くなってしまうというのが、ArduinoIDEの欠点かもしれません。
 ArduinoIDEは、名称として規定されているように、あくまでもスケッチとして捉えておくのが、良いのだと思います。大規模な開発の場合は、より適した開発環境を用いることをお勧めします。

« Physical Computingのためのマイコンは色々あるんだけどね | Main | LabVIEW2011とArduino »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ArduinoIDEとArduino コーヒーブレイク?:

« Physical Computingのためのマイコンは色々あるんだけどね | Main | LabVIEW2011とArduino »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ