« Physical Computingって"Design and Technology"の電子制御版 | Main | Eagleを使ってみました その1 »

February 09, 2012

ATmega328を単体で動かす その1

 Arduinoには、ATmega328P-PUとかが使われている。
 これを単体で動かすには、水晶発振子等を組み込むことで動かすことができる。ArduinoUNO上でSketchを描きこんで、ATmegaを取り外し、ATmegaをブレッドボード上につけて動かしてみました。
Atmega01

 ゼロプレッシャーを使ったのは、最終的にこちらで書込みができるようにするためです。稼働のチェック用として、Digital09にLEDを取り付けてあります。緑色のLEDは、Power確認用です。
<参考ページ>http://arms22.blog91.fc2.com/
<参考資料>Form Arduino to a Microcontroller on a Breadboardhttp://arduino.cc/en/Tutorial/ArduinoToBreadboard

« Physical Computingって"Design and Technology"の電子制御版 | Main | Eagleを使ってみました その1 »

Comments

Keep on writing, great job!

Thanks!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ATmega328を単体で動かす その1:

« Physical Computingって"Design and Technology"の電子制御版 | Main | Eagleを使ってみました その1 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ