« ATmega328を単体で動かす その3 | Main | ゲームの制作 その1 »

March 01, 2012

Eagle使ってみました その3

 ArduinoUNOで使える、描き込み用基板を作ってみました。シールド基板として使えるように作成する予定です。
 ArduinoIDEをそのまま使いたいということで、ArduinoUNOのATmega328を外して、ATmega328を装着して描き込みをおこないました。このあたりは、過去記事を参照してください。ゼロプレッシャーのソケットを使って、描き込み回数の増加に対応できるようにしました。
Write01

 最初、28pinのICを間隔を変えて使っていましたが、ゼロプレッシャーのソケットがあったので、そちらで描きなおしました。これで、ブレッドボードでの作業から解放されます。早く作ってくんないかなぁ・・・
Eagle02a

« ATmega328を単体で動かす その3 | Main | ゲームの制作 その1 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Eagle使ってみました その3:

« ATmega328を単体で動かす その3 | Main | ゲームの制作 その1 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ