« Physical Computingって? | Main | ArduinoのAVRマイコンを使う その2 »

July 26, 2012

ArduinoのAVRマイコンを使う その1

<過去記事>http://sugc.cocolog-nifty.com/labview/2012/02/atmega386-a254.html
 過去記事で、Arduinoに搭載されている、AVRマイコンを単体で動かすをやってみた。まずは、ブレッドボード上で確認して、基板上に作成した。基板が出来たので、15枚ほど作ろうかと思うのだが、P板で作成すると高そうである。100枚以上になると個人では使い道が無い。エッチングでちょこちょこ作るのは面倒だしなぁ。
 購入希望とかあれば、100枚くらい造ってみてもいいかなと思うけど、欲しい人がいるかな?まだ、売っているところは無いみたいなんだけどね。
Avr01
Avr02


 ArduinoのAVRマイコンを単体で駆動させることができる。電力的には、厳しいですが、ボタン電池の3Vで駆動させる回路も作れます。もっとも、そんなに長くは駆動できませんm(__)m
Avr04
 余談であるが、いつのまにか、ArduinoIDEが1.01になっていて、日本語メニューが表示されるようになっていた。国際化対応ということなのだそうだ。日本語版の翻訳には、スイッチサイエンスの金本さんが貢献されたそうです。ありがとうございます。
<ニュース>http://www.musashinodenpa.com/wiki/

« Physical Computingって? | Main | ArduinoのAVRマイコンを使う その2 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ArduinoのAVRマイコンを使う その1:

« Physical Computingって? | Main | ArduinoのAVRマイコンを使う その2 »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ