« LabVIEW2018でArduino 04 | Main | 今は昔で、シンク&ソース »

August 10, 2018

シンクとソース

 前に、オープンコレクタやオープンドレインについて説明をしていた。
 入出力の接点回路では、電流を“吐き出す”“吸い込む”という考え方が、基本にあるというお話である。出力だけでなく入力側についても同様に説明するために、“ソース”と“シンク”という呼び方で説明されている。

ソース入力:
 入力端子側が、電流を“吐き出す”ように出てくる、入出力回路の形式である。コモン端子側が電源の+側と接続される。言葉の意味としては、ソース[source]:水源(電流源)のような意味となるかな。
シンク入力:
 入力端子側が、電流を“吸い込む”ように吸い込む、入出力回路の形式である。コモン端子側が電源の-側と接続される。 言葉の意味としては、シンク[sink]:台所の排水溝(シンク)のような意味となるかな。

 しっかしなぁ、説明としては、電流を“吐き出す”“吸い込む”でも良かったと思うんだけどなぁ。図記号が解り難いというのが欠点だったし、カタカナにすると格好いいと思う人も多いみたいだから、仕方ないのかねぇ。

 相補互換という考え方も、今は昔のお話なのかも知れませんねぇ。

 この考え方から、開放接点出力端子の図記号は規定されています。
出力側の形式
1
Photo_2
入力側の形式としては、フォトカプラに使われるLEDの向きが変わるということになる。


 何度か描いていたが、結局、入出力の接続形態を説明するのは面倒だったようで、シンクとソースという言葉に落ち着いたようである。

 オープンコレクタやオープンドレインという描き方は、回路の図記号を知っているという前提がありますが、シーケンス制御装置(PLC)を扱う人は、回路の図記号を知らないというか、忘れた技術者も多くなっているようで、回路図からの説明が難しいということになるようです。

<過去記事>
 オープンコレクタについては、ひととおり説明したかと思われるが、過去記事確認がてら描いてみます。
<過去記事1:オープンコレクタ&オープンドレイン>http://sugc.cocolog-nifty.com/labview/2006/12/post_38b0.html
<過去記事2:オープンコレクタ&オープンドレイン補足TTL出力>http://sugc.cocolog-nifty.com/labview/2007/05/post_6d2a.html
<過去記事3:オープンコレクタ回路実例>http://sugc.cocolog-nifty.com/labview/2007/05/post_07d7.html
 ただ、オープンコレクタ&オープンドレインは、日本語の表記としては開放回路出力という表記になる。また、開放回路出力であれば、オープンコレクタでなくても、オープンエミッタでも構わないことを意味する。

« LabVIEW2018でArduino 04 | Main | 今は昔で、シンク&ソース »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シンクとソース:

« LabVIEW2018でArduino 04 | Main | 今は昔で、シンク&ソース »

May 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

Categories

  • つぶやき
  • コラム
  • スポーツ
  • トピック
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
無料ブログはココログ